読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東通り自由帳

暮らしと娯楽のハイライト。

近況と展望

随想

先々週からフルタイムのアルバイト生活に入り、日々忙しく過ごしている。

定期的に相談しているキャリアカウンセラーの方からは「もちやさんの場合は郵便局か清掃のバイトが狙い目」と言われていたけれど、今回拾われた先は工場の出荷の仕事。
必要な体力も覚える内容も多くて、筋肉と脳みその両方がわりとギリギリ。脳みそは花粉症の薬と春の陽気のせいでうすぼんやりしてるし……。もう少し仕事に慣れて、スギ花粉が飛ばなくなるまで、もう半月はこらえどころかな。

写真は生活の合間にiPhone SEで撮って楽しんでいる。こんな小さなデバイスなのに、画面上で遊ぶのに充分な画が撮れてすごい。

f:id:kamiaki:20170320144931j:plain

f:id:kamiaki:20170320145741j:plain

Web関係の学資のために始めたバイトなのに、当初の予定以上に時間も気力も取られていて、就業前に始めていたProgateのレッスンを開く気力は失せたままだ。
prog-8.com
理想を言えば、毎日でもコードに触れているべきだし、Adobe CCも契約して練習したい。どちらも触る時間がゼロになったらすぐに色々忘れて勘が鈍ってしまう。

でも今は仕事と生活だけでわりと目一杯。休日にはおかずの作り置きもしておきたいし、ペットボトルの飲み物やカロリーメイト系をコンビニより安いスーパーで買い揃えておきたい。
前回のバイトの間はしばしば味覚が鈍っていたけれど、今回は肩や背中に軽いしびれを感じるのと、高音の聴力が多少落ちている気がする。自律神経のやわさがもどかしいが、付き合っていくしかない。
無理をして潰れてしまっては台無しなので、今は貯金と社会復帰トレーニングの段階なのだと割り切って、オフの日は休養と家事だけをしっかりやっていれば十分なのかもしれない。今はそのへんで揺れているところ。


いまからWebを本業にできるかといえば、まあ道は険しい。才気ある若者は新鮮な脳みそとたっぷりの時間を持っていて、ぼくの数倍〜数十倍のペースで学習曲線を駆け上がってゆく。社会構造上、今の年齢ではチャンスも多くはない。
だけど、やる前から諦めたら、きっとずっと先まで後悔や悩みが残るから、無理せず持続可能な範囲で行けるところまで行ってみようと思っている。
たとえ十分な収入には繋がらなくても、せめて収入源の一つにできれば。あるいは最低でもボランティアのような形でスキルを活かせたなら。それはそれで自己実現と言えるかもしれない。

ちなみに、数年前にはパソコンインストラクターになりたいと思っていたし、その前は調理師になりたいと思っていた。
目標の軸にあるのは「人並みよりちょっと得意なことを活かして、だれかの暮らしを助けたり、だれかと何か(人、モノ、場所など)を繋ぎたい」ということで、それは6年くらい変わっていない。
とにかく自分が納得できて、近しい人がそんな自分を許して(認めて)くれたら何よりで、つまり手段はなんでも構わないのかもしれないけれど。

まあ、その都度思うがままに生きてたいんです。
せっかくレールから降りた先の人生だから。

とこぷよの日

ゲーム

読書や勉強の時間を捻出するために、丸3年続けた『ぷよぷよ!!クエスト』を引退してから半年は経ったでしょうか。

最近だんだん脳がぷよぷよを欲するようになってきたので、前に買った『ぷよぷよテトリス』(PS3版)で発散してます。今日はエンドレスで遊べる「とことんぷよぷよ」モード(とこぷよ)を久しぶりにやってました。

で、まずはスコア発表ー。↓

f:id:kamiaki:20170217220008j:plain

眠気でリタイアしたので、展開的にはまだまだ余裕でしたよ。次の目標は5000個消しあたりかな。

プレイを続けているとレベル=落下速度が徐々に上がり、レベル99ともなると組ぷよがほぼ瞬時に着地する超スピードに。とはいえ固まる(ドロップ位置が確定する)までの時間には意外とゆとりがあり、ガチャガチャ回転させると段差も登れるので結構連鎖が狙えます。2~3連鎖くらいはコンスタントに出るし、まぐれで確か8連鎖も出ました!

高速でぷよぷよを消し続けているうちに、脳が高速モードに切り替わったような感覚を覚えて面白かったです。こういうのはゲームならではの体験ですよね。
学生時代、嫌なことや面倒くさい課題があったとき、気晴らしにとこぷよをぼーっと遊び続けていたことも思い出しました……(なんの解決にもならなかったけどな)。

インスタの使い道・2017

雑記 Webサービス

2ヶ月ほど前に「新しい使い道を思いつくまでは投稿しない」と書いたInstagramですが……
mochicome.hatenadiary.jp
投稿する側・見る側の両面で新しい使い道を発見できたので、新たなアカウントをメインにまたぼちぼち楽しむことにしました。

投稿側のテーマ

街中や家の中で目についたデザインを撮影・コレクションすることにしました。ものを作るときのためのアイデア集めが一応の目的ですが、まあ、遊びですね。
テーマに当てはまらない写真はこのブログで出す、という使い分けになります。

f:id:kamiaki:20170206020856j:plain
あまり外を出歩かないので(笑) 屋外の写真の数がまだまだ少ないのですが。
被写体を探している状態で街を歩くと、いつもの歩き慣れた場所でも新たな発見を得ることがあります。面白いし気分転換にもなりそうです。

見る側のテーマ

こちらからフォローしている方がフォローしているアカウント、の中から、海外のフォトグラファーを探してどんどんフォローしてみました。
すると、異国の絶景や街並みが次々と目に飛び込んでくる、非日常的なタイムラインとストーリーが姿を現したのです。

テキスト中心のTwitterやブログには言葉の壁がありますが、写真が9割みたいなInstagramにおける国境の壁は、新鮮さという面でむしろポジティブ要素なんですよ! これは個人的に大きな発見でした。

そもそも、以前はフォロー数が少なすぎたから楽しめなかったのだろうとも思います。
かつて津田大介氏がTwitter初心者向けのアドバイスとして「まずは100人フォローしよう」と語っていたものですが、あれはInstagramにも通用する話だったんだなあと。フォローの数で見える風景が全く変わるんですよね。Twitter歴が長すぎて、SNSの1からの始め方をすっかり忘れてました。
www.nikkeibp.co.jp

いま改めてタイムラインを見てみたら、ネイチャー系カメラマンが湖のほとりでキャンプしてました。
ぼくはここまでアクティブになるのは難しいけど、せめて県内の自然系スポットにはまた出かけよう……そう思いつつ、深夜の自室でPCのキーボードやスマホをぽちぽちしております。この落差よ。