読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東通り自由帳

暮らしと娯楽のハイライト。

地上350mへ~東京スカイツリー

お出かけ

開業1周年を迎えた東京スカイツリーに先日上ってきましたー。

押上駅から連絡通路を進むとすぐ、東京ソラマチの1階フロア「ソラマチ商店街」の端に辿り着きます。
天望デッキ入場の予約の時間になるまで、外に出てツリーを見上げたり、ソラマチのお店を見て歩いたりしました(江戸切子きれいだった)。

かなり遠くからでも見えるスカイツリー、いざ間近にするとスケールの大きさに圧倒されます。人と一緒に写そうとすると、思い切りしゃがむか段差を利用しないとてっぺんが収まらないほど高い!

f:id:kamiaki:20130526150505j:plain
慣れないスケール感に戸惑ってしまって、この時はあんまりいい写真撮れず。

予約の時間が近づいたので4Fのカウンターへ。混雑必至の日曜日でしたが、10分ちょっとの待ち時間で天望デッキに上がれました。
当日券との500円差の価値は十分ある……と言いたいところですが、もし予約した日時に雨が降ると真っ白な景色を見る羽目になるので、どっちがいいかは運次第ですかねー。当日券購入の整理券を受け取ってから、ソラマチや近隣の商店街でしばらく時間を潰すのも楽しそうです。

――

地上350mから見る東京の街はちょっとした別世界。
南を見下ろせば両国や浅草、傾き始めた太陽に照らされて光り輝く隅田川。遠くを見渡せばお台場や葛西臨海公園くらいまでが一望できました。北に回れば、荒川の向こう側まで。(快晴ならもうちょっと遠くまで見えるかも)

ツリーから見下ろすことを想定して屋上に描かれた文字や広告を探すのも一興です。イチジク製薬とか(笑)

天望デッキで1000円のチケットを買うと地上450mの天望回廊まで行けるわけですが、十分満足してしまったので今回のところはパス。次回(いつの日か)のお楽しみということで!

――

空からの景色をだいぶ見慣れたところで地上に戻り、ガラス越しの風景を見て「ああ、地上に帰ってきた……」とまたもや別世界感。わずか50秒間で行き来するエレベーターの高速さがそう思わせるのかも。

連絡ブリッジを渡ると、ソラマチ5Fの「Japan Experience Zone」。ここの「問屋国分」や「産業観光プラザ すみだまち処」は、珍しい品の展示が多くて面白かったです。

f:id:kamiaki:20130526174555j:plain
日本各地のしょう油。他にもかりんとうとか駅弁とか日本酒とか。

行列に並んでもんじゃ焼きを食べている間に日没。
食後の休憩がてら、ソラマチ8Fのドームガーデンに出てみると……

f:id:kamiaki:20130526201627j:plain
どーん! ライトアップされたスカイツリーが目前!
遅めの時間だったこともあり、人気が少なくて穴場の鑑賞スポットでした。

とまあ、ソラマチはいくつか見どころがあるので、スカイツリーに上らなくても結構楽しめそうな場所でした。
このあと、終電の時間も気にせず浅草に向かったのですが、長くなってきたのでここで一区切り。後編へつづく。