東通り自由帳

暮らしと娯楽のハイライト。

初夏のきき湯

母の肌荒れが今年はひどく、暖かくなってもなかなか治らないようなので、少しでも効果があれば……と思って入浴剤を物色。バスクリンの「きき湯」の中に、肌荒れに効能があるものを見つけたので買ってみました。

きき湯は、値段がちょっと高めだから、昔いちど買ったきり長らく選ばなかった銘柄。さてどうだ。

きき湯 クレイ重層炭酸湯 気分ゆったり湯けむりの香り 乳白色の湯(にごりタイプ) 360g

きき湯 クレイ重層炭酸湯 気分ゆったり湯けむりの香り 乳白色の湯(にごりタイプ) 360g

パッケージの説明書きでは、ぬるめの39度のお湯に10~15分浸かることがおすすめされてます。
試しにその通りに入ってみたら……ほんとうに心地いい。
お湯の肌触りがやわらかく、香りもマイルドで安らげます。
もともと子供の頃から熱いお湯のほうが好きで、ふだんは42度のお湯で長湯するから、夏場の湯上がりは顔が汗でどろどろになるんだけど(笑) 39度だと、長く入った後も汗をかきすぎないから楽。肌もすべすべ。
心身ともにリラックスできて、精神衛生上もよろしい気がしてきます。

母のためと言いつつ、完璧に自分が楽しんでる状態……。
肌荒れにも効き目が出るといいんですけどねー。