東通り自由帳

暮らしと娯楽のハイライト。

地元の恵み、平戸あごだしちゃんこ鍋

故郷である長崎県平戸市の新名物「平戸あごだしちゃんこ鍋」のキャンペーンに当選して、冷凍のちゃんこ鍋セットをいただきました!
本当に美味しかったので、お礼代わりのPRのつもりで、届いたセットをご紹介。

f:id:kamiaki:20140419035725j:plain
じゃーん。
多彩な海の具材が一つずつ丁寧にパッキングされていました。

  • ブリとクエの切り身
  • ウチワエビ
  • サザエ(貝殻つき)
  • すり身団子(2種類)
  • 川内(かわち)かまぼこ
  • しいたけ(ひらどロマン
  • 油揚げ
  • あごだしスープ

あごだしは今や他県でも広く知られるようになりましたが、個人的にはあご(=トビウオ)といえば塩辛い味の丸干しを真っ先に連想するし、だしとしての用法にはそんなに馴染みがなかったりします。
まあ、九州にいた頃は料理始めたてだったし、郷土料理的なものは(母も含めて)祖母に任せっきりだったので、よく考えたら焼く以外の食べ方を知る機会がなかっただけかも。

それから、クエとウチワエビを食べるのは今回が初めて。
ウチワエビ、母も見たことがなかったので、思わず調理前に検索して正体を確認しましたよ……。

川内かまぼこはストローの束で包んで蒸すことから、表面が波打った独特の形をしています。子供の頃はおやつとして丸ごとかじりついてました。

さて、いよいよ調理!
野菜は自分で用意する形だったので、野菜室に入っていたキャベツ・チンゲンサイ・にんじんをチョイス。
スープは冷蔵室に一晩置いて自然解凍。
食材はすべて下処理済みで、野菜を切るのと切り身に熱湯をかける以外は全て凍ったまま鍋に入れるだけだったので簡単でした。

だしが温まるにつれて、いい匂いが漂います。
で、こんな具合に完成!

f:id:kamiaki:20140419035728j:plain
(写真撮ってないでアクを取れ、と撮りながら内心思った……)
(このあと取りました)

それぞれの素材から旨みや香りが染み出ていて、何もつけなくてもかなーり美味しかったです。
馴染み深い食材と高級食材との組み合わせ。
まるで、平戸の海の幸の良いところが一つの鍋の中に結集しているかのようでした。

f:id:kamiaki:20140419042620j:plain
ウチワエビは伊勢エビのように濃厚な旨み。
つっても伊勢エビも長いこと食べてないですけど。

ざっと検索した限り、今のところネット通販はしていないようなので、観光で訪れた際にはぜひ! と言っておきます。
11月からは「平戸あごだしちゃんこ鍋フェア」を開催予定とのこと。
今回いただいた鍋セットの作り手は、地元の割烹「磯かつ」さん。

売り出し中の様子を覗えるFacebookページはこちら。
地元のお店が攻めに出てるのを知って、なんだか頼もしい気持ちです。
平戸ちゃんこ部屋 | Facebook