読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東通り自由帳

暮らしと娯楽のハイライト。

冒険の旅に出ました。

あけましておめでとうございます。
ブログではすっかりご無沙汰してました。最後の記事の投稿日が、なんと夏……!

昨年末は家で大掃除に精を出しつつ、まとまった時間を見つけてはアストルティアという場所で過ごしていました……と書けば、一定の方にはピンとくるかと思います。
そう、ドラゴンクエストⅩ』デビューしましたー。
ゲーム歴2x年ながら、ほぼ初のオンラインRPG(いわゆるネトゲ)体験になります。

デビューまでの(回りくどい)いきさつ

昔は結構がっつりやりこむタイプのRPGプレイヤーでした。
団地の畳敷きの部屋で、解体真書アルティマニア(どちらも完全攻略本の名前)のページをひざで押さえながらテレビ画面に向かう日々。
オンラインRPGの存在は当然知っていたし、遊び友達から『ファイナルファンタジーXI』への誘いを受けたこともあったのですが、当時は金銭的に厳しく感じたのと、なによりも「ハマったら抜けられなくなるぞ……!」という危機感から手を出さないようにしていました。
あ、それから、ゲームよりも遠距離恋愛に夢中な時期があったりなんかもしたりして。

急に10年以上も前の話を書いてしまった……。
えっと、その後も『テトリスDS』や『マリオカートDS』のようなチャット機能のないネット対戦は時々嗜みつつも、オンラインRPGを始めるきっかけはなかなか訪れないまま。
やがて環境や興味の変化によって、ゲーム全般に対する熱意すら徐々に薄れつつありました。
近年では『ぷよぷよ!!クエスト』ではてなハイカーさんと遊ぶようにはなりましたが、本格的なゲーム作品にまではなかなか手が伸びない状況。
(もし我が家を妖怪ウォッチで覗き見たら、積みゲー積ん読の妖怪が住み着いているやも)

そんな自分が、なぜ今になってDQXデビューなのか。
特に強いきっかけがあったわけではなかったけど、複合的に小さな要因が積み重なったのかなあと。
『ぷよクエ』での経験がほどよいワンステップになったこと、オールインワンパッケージの発売で金額的なハードルが低くなったこと、Twitterでフォローしている数名がぼちぼち始めていたのに釣られたこと、ちょっとした事情に対する気晴らしが欲しかったことなど。

で、やるかやらないかを考えてみたら、こんな答えが出てきました。
興味はあるのに、もしこのまま一度も経験しないままゲームへの興味が燃え尽きて2x年のゲーマー人生が終わるとしたら(←大げさ)、それはなんだか残念。
それに、カートリッジやディスクの中で完結する作品なら何年先でも遊べるけど、オンラインゲームは今しかできない遊び。プログラムの内容はもちろん、参加している人たちも移り変わってゆく。今しかできない体験なら、今お金や時間を投じて参加する価値だってあるんじゃないかな?

そして冒険へ…プレイ雑感

ちゃんとドラクエだ! というのが第一印象でした。
オフラインモードから始まって、ストーリーの展開上自然な形でオンラインモードへと導かれるのが良かったです。
「ああ、オンラインだなあ」と最初に実感したできごとは、オンラインモードに入って最初の会話イベントを読み進めている最中、どこからかぱたんぱたん音が鳴っていて……。操作できるようになってから、ふと背後に視点を動かしたら、別の初心者プレイヤーさんが延々扉を開け閉めして遊んでました(笑)

初めて大きな街にたどり着く頃には、アストルティアという世界のスケールの大きさを感じていました。
行ける場所もできることも、まだまだその全貌を知らない、広大な世界の中に踏み入れているという感覚。
初めての場所を訪れるたびにカメラ機能を使って、現実と同じように写真を撮りながらゆっくり進めています。
昼夜や天候の変化、草木の茂る大陸、巨大な橋の上を走り抜ける大陸間鉄道。

f:id:kamiaki:20150110035236j:plain
f:id:kamiaki:20150110035243j:plain

他のプレイヤーさんの存在にはだいぶ慣れてきました。
接点は今のところ、サポート仲間(NPC)として雇うか、すれ違いざまに「おうえん」し合うくらい。直接の交流もいつかは試してみようと思いつつ、今は一人プレイです。一緒にレベル上げとかするにしても、まずは乗り物とか転職とかを一通りできる状態にしてからのほうがいいかなと思って。
……思っているのに、それより先にカジノに入り浸ってしまったりして……。

歴代の『ドラクエ』シリーズでも“本編数日そっちのけの罠”だったカジノですが、『Ⅹ』をオールインワンパッケージで始めるとかなり早い段階でカジノに行けてしまうので、罠レベルがいっそう増しています。
ゲームの種類がまだ多くはないのと、リセットできないぶん慎重に遊ばざるを得ないのがせめてもの救いかな。

どんな風に遊ぶか、いつまで遊ぶか

一通り経験してみたい、という動機で始めたので、まずはバージョン1のエンディングまで続けていきたいです。あとはまあ、無理のないペースで、飽きるまで好きなことだけして過ごせたらなあと。
他の人と競うとか、強くてレアな装備を目当てに努力するとかは、今のところは興味が湧かないですね……。
協力プレイはしてみたいけど、こんなぬるい感じでも相手にしてくれるまったりプレイヤー仲間が果たして見つかるんだろーか。

それから、生活の中のどこにドラクエタイムを挟むかをある程度決めないと、やらなくなってしまうか、逆に生活リズムが狂うかしてしまいそうなので、そこは考えどころだなあと。
事実、年明け以来あまり遊べていないんですよね。

Windows版を選んでよかった

ところで、WiiWii UWindowsと主要なプラットフォームが3つある中で、今回選んだのはWindows版。
家の中なら一応どこでも遊べるし、動作は快適だし、使い慣れたキーボードで文字入力できるし、情報のウェブ検索も当然さくさくできるしで、今のところいいことづくめです。

体験版とベンチマークソフトを試して、問題ないと判断してから買いに行きました。
ベンチマークでは「スライム級」(普通)という良くも悪くもない結果でしたが、だいぶ混んでいる状態を想定したテストなのか、実際のプレイではCPUファンの音が聞こえないくらい軽いことも多いです(冬場だしね)。

ゲームパッドは、以前から持っていたコンバーターWiiクラシックコントローラーを繋いでます。
Wii版からはじまったゲームだけに、操作感もボタン数もこれで十分。

とはいえ、Xinput対応のゲームパッドXbox 360Xbox Oneのコントローラー)のほうがなめらかに移動できるそうなので、今どきの選択肢としてはこっちが正解なのかも。

というわけで、昨年末に下書きしていた記事をようやくアップできました。
これで心おきなく冒険の続きに出られます……!